SUITE VOICE Official Blog suitevoice.exblog.jp

2016年1月1日発売ニューアルバム『Pieces』絶賛発売中!!


by suitevoice
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:MAKO( 8 )

こいつぁ春から

新しい年が明けて早くも半月。

あかん、このペースであと23回繰り返すと今年が終わってまう!!

なんて小学生みたいなことを思いつつ、
SUITE VOICEが現在のメンバーになって15周年の節目である2014年、
そうそう早く過ぎてもらっては困りますよ~。
公私ともにやりたいこといっぱいなんですから頼みます。

稽古や外部のお仕事は別として
今年の歌(ライブ)はじめは新潟から。

今は新潟といえばもちろんJUNの故郷ですが
私にとっての最初の新潟は、小学生の頃演奏旅行で訪れた阿賀野市というところでした。

真冬だったため、雪の影響でバスで8時間以上かかり、着いたのは明け方近い真夜中。
眠い目をこすりながら車を降り見たのは、古い日本家屋の旅館の1階部分が隠れるほどの
深い雪と純白の闇。

暗闇なのに眩しいような不思議な光景が頭の奥で蘇ります。

その時訪れた阿賀野市の瓢湖というところは「白鳥の飛来地」として有名で
演奏プログラムのメインは、白鳥と、毎年白鳥を迎え送り出し続ける人間との交わりを通じて命への愛、生きていくことの厳しさ温かさが描かれた組曲。

今でも全部弾いて歌えるほど、伴奏も丸ごと素敵で印象的な作品でした。

小学生らしからぬあまりのハードさに、入って何年かした頃辞めようかと思った時期が一度だけあったNHKの合唱団でしたが、
思い起こせば、この新潟の演奏旅行や作品あたりから迷いがウソのように吹っ切れ、
次々と出逢う音楽、人、土地から生まれる喜怒哀楽、そしてまたその感情から生まれる音楽、人、土地への想いの連鎖にグイグイとハマり引き込まれ始めたんだっけ。

あの時、そのあとの経験で触れる宝を捨てて辞めていたら私は……
おぉ、ゾゾッ!ナイナイ!
良いか悪いかは別として今の私は全くナイし、
今出会っている大切な人達にはきっとみんな出会えていない。


昔の人は、白鳥を人間の霊魂だと信じていたとか。


白鳥の神聖なる白、真夜中に見たあの眩い闇の白。
小学生の私の分岐点となった新潟の印象は白一色。

始まりにふさわしいイメージカラーの新潟でライブ初めができる今年、
きっとまた新たな分岐点、出発点になる予感ムンムンです。

新しいアレンジもかいてますよん。

今年もどうぞよろしくお願いします♪
f0143504_382367.jpg



                   MAKO
[PR]
by suitevoice | 2014-01-13 03:10 | MAKO | Comments(0)

実りの秋!

お!晴れだ~
げ!雨だ~、と一喜一憂しながらも
色々な場所で全力で歌わせて頂いた夏。

気づけばひと雨ごとに風の匂いも変わり
いつの間にか秋ですね。

秋が大好きなMAKOです。

先日のライブのMCでBABIが
「みんなにとって秋は何の秋?」
という質問をしたところ
ご想像通り、恥ずかしいほどの圧倒的割合で
「食欲!」でした。

もはや
「恋」とか「出逢い」とかウソでも言えないものでしょうか…

でも、ただの「育ち盛りをはるかに過ぎた大食漢」ではありません。
私たちにとっての食欲は、歌うため、生きるためのエネルギーに直結する大事な欲!
(よーし。うまくごまかせた。)

ということで、食欲や旅で万物から頂いたパワーを変換して向かうは
「チャレンジの秋!」
なのです。

思えば、毎年積極的な食欲の陰でなりをひそめて埋もれていましたが
今までも秋にはSUITE VOICEとして色々な企画や攻めるライブを行なってきているんですねぇ。

今年は、ソロ企画や個人イベント、様々な生徒さんとの出会いや発表会、地元ライブなど
それぞれに、そしてお互いに主観や客観を交歓できる場に恵まれながら
そこで得た栄養をSUITE VOICEに持ち寄り、
次なるコンサートの血として注ぎ込んでいる真っ最中です。

10月17日(木)19時から開かれる
「Natural Harmony」と題されたコンサートは
いつもの私たちのライブとは全く違う
ひとつの作品。


人間の歩んでいる道、変化しているようで普遍的な業とでも言うのでしょうか。
それを上からでも下からでもなく等身大に
硬すぎず軟らかすぎず、何より気持ちよく届くように描いていきます。
だって音楽ですから!

レシピはこちら♪

異質ながらも心で和する声が4つ。

森羅万象を舞いにのせる肉体が2つ。

浮遊感、包容感のあるクラビオーラの稀有で密な音色。

温感と冷感が交錯するギターの弦の強いしなりときしみ。

太古から人の感情を鼓舞させてきた打楽器の‘動’


役割を同じくすることのない9人で収穫する、あるひとつの秋の実りを
是非是非、味わいにいらしてください。

平日ではありますが
大森の復興教会でお待ちしています!



                        MAKO
[PR]
by suitevoice | 2013-10-07 03:21 | MAKO | Comments(0)

あぁ ついに!

高速道路でよく見るコレを
f0143504_231878.jpg
こいのぼりだと言ってきかないMAKOです。

ゴールデンウィーク、みなさんはいかがお過ごしですか?
twitterやfacebookからはあちらこちらから楽しそうな様子が流れてきていてよいですね~♪





14年の年表を振り返っても、
SUITE VOICEはなぜかゴールデンウィークだけはなかなか歌う機会が少ないんです。
ふしぎ。

お話いただければ兜と鎧つけてだって歌う気満点なのに!


さてさてそんなこどもの日の2日前のこと。
ついに私はSUITE VOICEの均衡をやぶってしまいました。

ス、 ス、 スマホデビュー!!(いまさら)

あんなに愛していたガラケー集団の均衡を私は…私はぁっ…

先日からSUITE VOICE会議で話し合われていたネット告知環境などの見直しですが
以前までの私の携帯だと、どうにもfacebookの記事投稿が具合悪く
私の個人アカウントでの動きが「普段シーンとしているのに誰かのお誕生日のコメントだけかろうじてつける人」みたいになっており
さすがに気軽に更新できるように改善したいなと思っていたので
ガラケーへの切ない想いを振り切って機種変してきました。

まだまだ全然慣れなくて
メールを打つ指も「コックリさん」をしているかのような驚きの遅さなのですが
がんばって効果的に使用していきたいと思います。

個人アカウントの方でも引き続きよろしくお願いしまーーす☆

そして明日はJUNのロックライブ!
モニターに足をかけて、ヘッドバンギングしたいというベタな野望を抱いていたJUNの歌を聴きに
お時間ある方は是非とも野毛へ!!
[PR]
by suitevoice | 2013-05-05 23:58 | MAKO | Comments(0)

せりスタ☆

この間のブログにありましたが、
KAOとJUNが仙川の沖縄料理のお店「美ら風(ちゅらかじ)」さんに伺っていたとき、
私とBABIは別件で六本木にて用事を済ませたあと、
六本木の沖縄料理店「美ら里(ちゅらり)」さんに行っていたんですよ~!!

名前も激似だし!
あ~グループってコワい(笑)

なんだかよくわからないけど
そのうち知らないうちに双子の男性とそれぞれお付き合いするメンバーがでてきたりしてね。
あ~グループってスキャンダラスぅ。

さてアホな発言はこれくらいにして、と。

今日はちょっとしたレコーディングをお願いしに
演奏もSUITE VOICEからのいじられ度もスペシャルなべーシスト、
芹澤シゲキさんのお宅(スタジオ)にお邪魔してきました。

略して「せりスタ」♪♪♪

せりちゃんは複雑な機材を駆使してエンジニアのお仕事もスルスルこなすのに
PCやプリンターの初期設定とかはサポートセンターの人にきいたりする
プチすっとこどっこい君です☆

でも、おかげさまでムリを言ってお願いした音源をよい感じに仕上げてくれました!
せりちゃんありがとう~~~~~。

せりスタの一部を特別公開っ。
私、別にせりちゃんのおしりをつんつんしているわけではありません。
遠近法、遠近法。

f0143504_1201753.jpg

[PR]
by suitevoice | 2010-10-31 23:58 | MAKO | Comments(0)

12ぶんの5☆

9月30日23時59分59秒をもちまして
SUITE VOICEの好きな曲投票を締め切らせていただきました~。

ライブでのアンケートからメールでのご投票まで、
みなさまのご協力でたくさんのご意見が集まりました。
本当にありがとうございました!!

今回のアンケートやメールをひとつひとつみせて頂いても、
アンケートって、こんなに人のぬくもりのあるものだったっけ?
っていうほど、みなさん一生懸命に考えて書いてくださってるのが伝わってくるし
デビュー前からの愛唱ナンバーもちゃんと入っていたりして、
わたしたちの歩んできた歳月がどの時期もうもれることなく反映されているような気がして、
そんなこともまたとても嬉しいのです。

気になるその結果は…
10月25日のJZ Bratライブにてどうぞダイレクトにご確認をっ♪

さて、結成12年、アルバムデビュー5周年を迎えているSUITE VOICEは、
このあとに控える節目のライブや舞台公演に向けてメラメラと燃えております。

時々ふと、横にいるいつもと変わらない見慣れたメンバーを見ては
なんだかんだ運命共同体なんだよなぁ、このひとたち。

な~んてふしぎなような、いとおしいような、噛みたいような(笑)
感慨を抱きます。

こんな写真みつけましたよー。

いかなるときもSUITE VOICEの発展を見据え、アーティストとして、個々として、ひとつの商品として、生身の女性達として内から外から多角的に見つめる敏腕女社長BABIの9年前の素顔。
f0143504_3171058.jpg



遊び盛りな年頃をSUITE VOICEに捧げるうち、今やあらくれメンバーひとりひとりの長所も短所も、おもしろおかしく優しく操れる手腕を身につけたメンバー思いの猛獣使いKAOの9年前の素顔。
f0143504_3172714.jpg









人を魅了する心地よい声を持つも、なかなかその声で愛を語らず、
人目をひく美貌を持つも、なかなかその笑顔を誰かひとりに向けない、
SUITE VOICEの峰竜太不二子、JUNの9年前。
(注)サングラス姿ですが北の方の偉い人ではありません。
f0143504_3175695.jpg

この切っても切れない縁の強力布陣で
2010年の残り3ケ月
仕掛けて攻めていきますよ~~。

どうぞどのライブもお見逃しなく!!!

毎朝深呼吸をするように
毎朝顔をあらうように
とにもかくにもわたしたちは歌うことから。

譜面書くぞ~~~~~~~~~♪

f0143504_3181810.jpg

(注2)かなりパンチきいてますが、どこぞの部屋の親方でもなければ
    巨大大福でもありません。
    わたくしですけど、なにか…

                          ☆MAKO☆
[PR]
by suitevoice | 2010-09-30 23:59 | MAKO | Comments(5)

夏のおわりに…

わたくしごとですが。

優しくてお茶目で、敬愛する義母が
夏のおわりとともに
てんごくへと旅立ちました。

目に見える世界では
しばしのお別れ。

しっかりかなしんで
たくさん偲んで
もらった想いを音楽の魂へとかたちを変え
あたらしい息吹をこめていこう。

これからはもっとそばに感じながら
力をもらえるんだなぁ。


やむを得ない事情で、一足早くひとり
今日の遅い新幹線で愛知から帰ってきた私。

夏休みもおわり
ガラガラとまではいかないものの
そこそこまわりに空席があるにも関わらず
電車に乗って指定の座席のとこにいったら
おじさまサラリーマンの集団宴会の中に
たったひとつだけ空いた席がわたしの席…

え?

わたし待ち?

参加

必須?

珍味臭まんさいですやん、この一角。


心身つかれはて
ぼーっとしていたわたしも
これにはおもわず笑ってしまいました。

コレ
ぜーったい
お義母さんのイタズラ。

やられた~~~♪

ありがとう。


                      MAKO
[PR]
by suitevoice | 2010-08-31 23:59 | MAKO | Comments(5)

夏の風物詩

もう明日から8月か~。

なんか7月早かったな。

皆さんはどうでしたか?

多忙な日々の中、気づけば着々と夏はすすみ、隅田川の花火もおわり…

そう、今日街なかでみかけた女の子が浴衣にチャンピオンベルトみたいな太いベルトをしめてました!

なんのタイトルとったのかなぁ。
それとも帯が結べなかったのかなぁ。
すごいセンスだなぁ。

今回は気ままに、なにか夏らしいお話でも、と安直にコワい話をしようと思ったのですが
ブログに気軽に書くにはシャレにならん話が多いので、
そちらは稲川淳二さんにおまかせするとして~

最近知ったある意味こわいホントのお話。


おばあさんがかなり太くて長いへびを飼っていたそうな。

ある時そのへびが急にパタリとエサを食べなくなったので
心配になったおばあさんは
獣医さんのとこにつれていきました。

ところが診断は異常ナシ。

ヘンだわぁと思いながらも数日様子をみていたある朝。

おばあさんがベッドで目を覚ますと、普段から放し飼いにしているヘビが
すぐ真横で一直線になって添い寝をしていました。

ヘビといえばとぐろ。

とぐろを巻いて寝るのが通常なのに、
いよいよこのコったら具合が悪いんだわ!と
急いで指示を仰ぐべく獣医さんに電話したところ、
電話の向こうで慌てた様子で

「いいですか!今すぐにその場から離れて、ヘビを部屋に閉じ込めて!」と。

聞けば、ヘビは大きな獲物を食べる時、
自分が丸飲みできるサイズかどうかを
自分の体長で計り目安にするようで…

そうです。
ヘビはおばあさんを今にも丸飲みにしようとしていたところだったのです!!!

朝からガッツリイケる口だなぁ、このヘビ。
ワタシも朝からカツどんイケる派。

数日エサを食べなくなっていたのも
おなかをしっかりすかせて
おいしく食べるため。

ぶひーーー
ぶらっくですわ。

ではまた、ごきげんよう


f0143504_254971.jpg

                             MAKO
[PR]
by suitevoice | 2010-07-31 23:59 | MAKO | Comments(3)

ひっそりMJ考

MAKOです。

日本、よい試合でしたね。

ひとことでスポーツ観戦というには
あまりに色々なことのギュッとつまった、
ウソのない気持ちのよい数時間。

規模も内容も全くちがうけど
試合後のチームの表情は見覚えあり、重なるものあり、でした。

仲間と一緒に何かを築き、
自分に課して
闘ったものを人に観てもらう。

そこが大舞台だろうがどこだろうが変わらぬ姿勢で臨む。

それを球にのせるか
音符にのせるか…

なんつて
なんつて
時の人たちといいように比べすぎの便乗さんです。


さて、タイトルのひっそりMJ考。

去る6/25はマイケル・ジャクソンの命日でした。

特に好きではなかったな、という人でも
自分の過去の時間や場面の中で一瞬たりとも彼の音楽や映像と接点がなかった
という人はいないのでは?

彼のことはすでに世界中で語りつくされていますが、ここは私の中で今一度ひっそりと。

はっきり存在を意識したのは中1。
その時振り付けされたダンスの曲が「Wanna be startin' somethin'」

ダンス部の先輩がつけた振り付けはマイケルつぶしかと思うほど致命的にダサかったのですが(毒)
歌詞のカッティングのかっこよさに、すぐ一言一句たがわず覚えてカッティングよく聴こえる言い方を追求しました。
すぐその気になってマネしないと気がすまない体質のワタシ。


そして中2、合唱団の友達がNHKのトイレで「まだここまでしかわからん」と言いながら踊ってくれたスリラーの振りに触発され、すぐお年玉で輸入版のビデオを買って振りを完全コピーして覚えました。
出来ないことはすぐに制覇しないと気がすまない体質のワタシ。


そのあとも多数彼の曲で踊りましたが、ある舞台では全員がマイケルに扮して踊るなんていうのもあったっけ。
ちぢれ髪ウィッグの選択をまちがえて、ひとりちょっと山下達郎さんみたいになったりして。
デフォルメ暴走体質のワタシ。


もちろんSUITE VOICEでも「I want you back」うたいました~。
いざ歌うという方向で研究したらチビマイコーの才あふれる音感に改めてぶっとんだ。

そんな数々の場面を経て彼から特にもらったモノ。
ここでは平和や子供たちに関する部分はおいておいて

「演奏の細部の音まで見える振り」



「あらゆる楽器を担うような言葉の連なり」です。

カラダがバンドのおいしい音を残さず体現し、
英語の語感で刻めるグルーヴを余すとこなく引き出すような感性は
「音」を楽しむ世界にいるものとしては見逃せない、でもキャッチしきれないほどの要素に満ちています。


残された曲の中にも、まだまだ彼の無意識か意識的かわからない
「隠れ音感」のしかけが発見できそう。

おもしろいもので、結構キライな曲はハッキリとキライなのだけれど、
最近コーラスアレンジの食指がクイクイ動くのは

「BEN」



「Earth Song」


わりとスローテンポですがいつかやりたいと周囲にもらしております♪


私のアレンジモットーのひとつ、その曲の「隠れ情感」発掘人になること。


さらにそれが和声ならもっと違う命をふきこめる。

違うドラマが演出できる。





強く思ってるわけです。


さあ、もう7月だ。
次なる曲は………
[PR]
by suitevoice | 2010-06-30 23:58 | MAKO | Comments(4)